免疫力アップの決め手|アレルギー性鼻炎の悩みが嘘のように晴れる

アレルギー性鼻炎の悩みが嘘のように晴れる

男性

免疫力アップの決め手

お腹

母乳に含まれる栄養素

生まれたばかりの赤ちゃんは、母乳から免疫力を取り込んでいます。その代表的な栄養成分がラクトフェリンであり、免疫力を向上させるだけでなく、腸内環境を改善したり、骨格の生成を促進したり、様々な効能を持っています。これはもちろん赤ちゃんだけでなく、大人が取り入れた場合でも同様の効果をもたらしてくれます。ラクトフェリンは、特に細菌やウィルスに立ち向かう力を持っています。特にノロウィルスやインフルエンザ等の気になる冬場の季節には、ラクトフェリンが多く含まれているヨーグルト等の人気が高まってきます。特に胃炎や胃がんの原因となるピロリ菌を包み込んで大概に排出する働きがあることから、様々な健康食品の中にも取り入れられてくるようになりました。

美容やダイエットにも

ラクトフェリンは、腸内にいる善玉菌とも相性が良いことで知られています。ビフィズス菌は善玉腸内細菌としてよく知られていますが、ラクトフェリンはこれら善玉菌の活動を助けることで、腸内環境の改善を行ってくれます。腸は血液を作る重要な器官でもあり、腸内環境を良くすることで様々な健康改善効果が期待できます。美容効果で言えば、腸内環境を整えることでお肌の状況が素晴らしく改善される効果が知られています。さらに脂肪の分解を促進する働きをラクトフェリンは持っているので、ダイエットやメタボ等の生活習慣病の改善についても活躍してくれる栄養素です。また鉄分を吸収し血液中のヘモグロビンに運んでくれるため、ラクトフェリンは貧血の予防にも役立つ素晴らしい成分です。